L I F E - S C E N E . I N F O

HOME >人生はドラマよ >戸坂課長の自分探しの旅

3. 戸坂課長の自分探しの旅
ここまでの話:
日頃から想いを寄せていた部下の友子さんと勝夫くんのデート現場を目撃したショック、それに追い打ちをかけるように、有給を使ってゴルフ場の下見をして来いという専務の理不尽な言葉に、やけ食いに走り短期間で10キロ太った戸坂課長。なんとかしなければと思うのですが・・・

この際、傷心旅行もかねて、ゴルフ場探しの旅に出るかという考えに戸坂課長は至ります。

そして、長年乗り慣れた愛車を売っ払い、小金を作って、現地で温泉に入り浸り、放蕩三昧をして、ついでにゴルフ場を探すかとやけになります。

戸坂課長がゴルフ場探しに選んだのは長野県は軽井沢です。

専務には「必ず専務好みのキャディを探してきます」と放言し、あとくされのないように、2週間の有給をとり、宿を探して現地に向かいます。
日本最大級のゴルフ場予約サイト【じゃらんゴルフ】 / ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル / 世界最大の宿泊予約サイト【Booking.com】

さて、長年乗り慣れた車を売っ払い、資金的に余裕が出来た戸坂課長は気分も上々。2週間、軽井沢でどうして過ごそうかと考えます。

軽井沢1日目、ゴルフ場探しなんぞ、後回し後回し、逃げはしないんだからと、まずは一人カラオケで盛り上がります。

カラオケを出て、夕刻の軽井沢の目抜き通りを散策し、人目もはばからず夕日に向かって専務のバカヤロー、とひとしきり叫ぶと、その後、宿に帰って食事をとり、温泉に漬かり、まさか座敷わらしは出ないよなとか、いらぬ心配をして床に就きます。

さて、軽井沢2日目、サラリーマンの習性で、やはり何かやっていないと手持無沙汰で、落ち着かないものです。

とりあえずレンタカーでも借りて、軽井沢を1周してこようかということになります。

ここからは余談ですが、車で軽井沢を周っていると、窓の外にいろいろな風景が流れてきます。

どこかで会ったような老人が梅干しを勧めてくれたり、地元の人が手を振っていたりもします。

単調な田舎の風景の中を走っていると、戸坂課長の乾いた頭に、ふと水着美女の姿が浮かんだりもします。

が、もちろん長野には海がありませんので、単によこしまな幻覚にしかすぎません。

しかし、その妄想は戸坂課長の頭からなかなか離れず、ちょっとカフェで珈琲でも飲んで気分転換をしようかという気になります。

カフェの脇の駐車場に車を止めて、そこで珈琲を飲み、なにげにスマホをいじっていると、スターバックスが鳥取にも誕生したというニュースが目に入ってきます。

鳥取といえば砂丘が人気です。砂場にスタバ。妙にゴロがいい。

スナバにスタバ、スナバにスタバ、スナバにスタバ・・・しばし戸坂課長は我を忘れ、念仏のようにそれを唱えていると、なぜか無性に、その「スナバのスタバ」に行ってみたいという気になってきます。

誰もいない砂漠の真ん中で、一人珈琲を飲みながら、哲学者のような面持ちで自らの行く末を思索している姿がふと頭に浮かんだのですね。

自分探しの旅に向かうぞ!

もう、ゴルフ場探しなんてどうでもいいじゃね。

よし、これから鳥取のスタバに行こう。自分探しの旅だ。

なぜか、戸坂課長はそう心に決めます。ゴルフ場より、砂場のスタバへ向かうことのほうが今の自分には意味があることだと思ったのですね。

そしてその日の夜、専務に「いや~、専務好みのすごい美人のキャディさんを見つけました」と報告すると、ふだん重低音の専務が「よくやったトサカくん。快挙だよ。ナイスショット!」と声を裏返すわけですね。やっぱ、そっちかい、と戸坂課長はほとほと呆れます。

翌日、戸坂課長はレンタカーで鳥取に向かうことになります。

軽井沢から鳥取まで距離にして600キロ。時間にして約8時間。途中パーキングエリアで休息をとりながらの長い道のりです。

そこに何かがあるような気がして戸坂課長の心ははやりました。

戸坂くん、今月から残業代ゼロだかんね、と専務に肩を叩かれたり、取引先のお偉いさんの接待で鼻に割り箸を突っ込んで芸者さんとお座敷遊びをやらされ、あ~もう地獄だ、アホらしくてやってられっか、転職してやるとトイレでひとしきり泣いた日々のことが走馬灯のように駆け巡ります。

俺にはもっと違う人生があるんだ!

男43歳、俺にはもっと違う人生があるんだ、と戸坂課長はしかと思うわけですね。

俺は砂場のスタバでオレの人生を見つけるんだ!けっこう優柔不断な性格の戸坂課長ですが、そう腹に決めると、なぜか迷いもふっきれました。

しかし、なぜかふと頭の中をよぎるのが、アメリカから来所するという企業の女性秘書のことです。

なぜ、俺はまだ会ってもいない、アメリカ女秘書にこうも魅かれるんだ。やはり、どう考えても何か運命的なものを感じる、とあらぬ妄想を抱きます。

と、しばしここで戸坂課長は、これこそが日本の食文化だと、美人秘書を連日、銀だこやスシローに連れ回し、仕上げに大勝軒のつけ麺でどうだ、とうならせている姿を想像し悦に入ります。

しかし、これから8時間も車中だというのに、さすがに、ヤケ喰いで10キロも太ると、シートベルトがキツキツです。

やっぱり、これは富士山溶岩ダイエットしかないかと戸坂課長は考えたりもします。



この話はまだ続く⇒4.戸坂課長、何処へ